コエンザイムQ10は難聴にも効果があるというのは本当なのでしょうか? 確かに、コエンザイムQ10には、加齢による難聴を予防したり、ある程度の改善効果があるとされていますが、あくまでも加齢が原因の「老人性難聴」に限ってのことです。 年をとると耳が聞こえづらくなるというのは、多くの方がご存知だと思います。 でも、難聴にはそれ以外にも様々な原因で起きる難聴があり、若い人でも難聴になる可能性がありますし、その症状や治療法も難聴の原因によって異なります。 例えば、歌手の浜崎あゆみさんが突発性難聴になったというのは有名な話ですよね。 実は、そのような難聴にはコエンザイムQ10による改善効果は望めません。 老人性難聴というのは、加齢と共に音を聞くための細胞の働きが弱まったり、死滅してしまうために起きる症状です。 そして、コエンザイムQ10には細胞を老朽化させる活性酸素を除去して、細胞の老化を防ぐという働きがあります。 ですから、老人性難聴が起きる前から摂取することによって、細胞の老化や死滅を防ぎ、老人性難聴になるのを予防することができるわけです。 ただし、一旦死滅してしまった細胞を生き返らせることはできませんから、既に老人性難聴になってしまった場合には、ある程度の改善は見られるようですが、劇的な改善は望めないでしょう。